動物の病気

イエダニ症

>>>ウサギのイエダニ症とは?

ウサギに寄生する皮膚外部寄生虫としてのダニにはツメダニウサギミミダニウサギズツキダニマダニヒゼンダニ類などが知られていますが、ウサギにはこうしたダニ以外に中気門類中気門亜目)のダニによる感染が稀にみられます。ウサギに感染して、病害性を生じる可能性のある中気門類ダニとして、イエダニをはじめとしてさらに頻度の少ないと思われる、鳥類に感染するワクモトリサシダニなどが知られています。

中気門類ダニ類はその大きさが0.3~2mmに満たない程度の大きさで、家屋や動植物上、地面(土壌中)などで自由生活をする他、さまざまな動物に寄生して病害性を生じるものなど多種多様な種類を含みます。

このうちイエダニOrnithonyssus bacoti)は「長い卵型」で吸血性であり、通常は褐色調の乳白色ですが、吸血したものは赤色、「あずき色~暗赤色」です。特にネズミ類に寄生しますが、ネズミが出入りする環境や大量発生した場合などにはネズミから離れて、人間や他の哺乳類で吸血被害を引き起こします。人間で生じる病害は、「イエダニ刺傷」として知られています。人間のイエダニ症の情報は以下のサイトをご覧ください。
ー>「イエダニ刺傷」、健康情報サイト、大日本住友製薬株式会社

本記事で「イエダニ症」としている原因の中気門類ダニの種別は、吸血性であるということと、その形態上の特徴からイエダニと推定しております。当院での診断にはバイエル薬品株式会社、動物医薬品事業部、学術担当部署のご協力を頂いております。
ー>バイエル薬品株式会社 動物用薬品事業部

 

>>>ウサギのイエダニ症の症状は?

中気門類ダニ刺傷ではそれによる痒みなどの不快感が考えられますが、大量寄生の場合には小さなウサギでは貧血やそれに伴う全身症状を生じる可能性もあります。下の写真のダニが採取されたウサギの体の表面には大量のイエダニがみられました。また、ダニの感染との因果関係は不明ですが症状は元気食欲がなく、強い脱水があり腎不全を併発しておりました。
下の写真は採取した大量寄生ダニ一部です。それらの多くが吸血しており、包血していました。

イエダニ4.jpg

 

>>>ウサギのイエダニ症の診断は?

下の写真がウサギの体表面でのイエダニです。右上のボールペンのペン先の黒っぽい粒が吸血した虫体です。少々見えにくいですが、その左上10時方向に吸血していない小さいイエダニが見えます。中気門類ダニは1ミリ前後と、肉眼でその形態を確認確認することは困難ですので、その分類と診断は顕微鏡検査で行います。

イエダニ3.JPG


下の2枚の写真はウサギの体表から採取したイエダニ診断されたダニ顕微鏡写真です。イエダニは通常は褐色調の乳白色ですが、吸血をすると赤色調となります。写真では血液が充満したダニの腹部が明瞭に観察できます。左が吸血をして消化管血液が充満している包血成ダニと思われる写真、右が包血若ダニと思われる個体です。

イエダニ2.jpg イエダニ.jpg

 

>>>ウサギのイエダニ症の治療と予防は?

イベルメクチン注射経口投与、滴下型のセラメクチン(レボリューション、ゾエティス)での駆虫や、さまざまなピレスロイド製剤での殺虫・忌避効果が期待できます。また、可能であれば全身のシャンプーを頻繁に行うことにより体に付着している虫体を大幅に減らすことができます。

予防は屋内に侵入するネズミ類の防除や、屋外飼育であればウサギを屋内生活にさせるなど、感染源と考えられるネズミ類との接触を断つことが重要です。また、使用しているケージやトイレ、敷物などの身の回りの環境の消毒、清浄化と周囲環境へのピレスロイド系薬剤やその配合剤などのスプレー剤や噴霧剤等の使用は一定の効果があるのではないでしょうか。

最後に、イエダニはウサギと生活する飼い主さんに対してもイエダニ刺傷を引き起こすため、ネズミ類が保有する、未知なものを含めた様々な病原体による重大な人獣共通感染症感染源となる可能性があり、そこには潜在的な脅威が存在します。ダニによる人間への健康被害はイエダニに限らずあらゆる種類のダニで生じる可能性がありますので、こうした事例が発生した場合には充分な注意が必要と思われます。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 獣医師 井田 龍

急性腎不全

>>>ウサギの急性腎不全について

急性腎不全は短時間で腎臓の機能が失われてしまい、尿の生成ができなくなる緊急疾患です。長い時間をかけて悪化し、安定的な経過を目指す慢性腎不全(下リンクを参照)とはその原因、対処方法が大きく異なる緊急疾患のひとつです。

ー>ウサギの慢性腎不全について

急性腎不全尿路結石などによる急性尿路閉塞や交通事故などによる外傷性ショックをはじめとするさまざまなショック(この場合のショックとは精神的なものではなく体の恒常性の仕組みが壊れることをいいます。)、血圧低下を起こすような心不全熱中症敗血症毒物などのあらゆる傷病的な緊急事態がその引き金となります。

特にウサギでは強い「ストレス」や「恐怖」によって体内に過剰に放出されたアドレナリン腎血流量糸球体濾過率を著しく減少させる結果として、腎臓への血行が失われてしまい尿をつくりだす仕組みが停止して腎不全が引き起こされてしまうという「特徴」がみられます。つまり、病的でない強いストレスや恐怖が命に関わる可能性があるということです。

 

>>>急性腎不全の症状は?

食欲低下、「抑うつ」や嗜眠(しみん、何らかの刺激がなければ寝たような状態になること)、苦悶状態を示す「歯ぎしり」などがみられることもあります。尿量は減少し乏尿から無尿となり緊急化します。

 

>>>急性腎不全の診断は?

飼い主さんからの訴えに急性腎不全を起こす可能性のある腎毒性を持つ薬物投薬歴があったり、尿石症病歴があるなどの急性腎不全を疑わせるような情報があれば疑いを持つことができますが、急性腎不全の多くは緊急化しており、救急治療の一環として行われた血液検査画像検査診断されることがほとんどです。

血液検査ではBUN(尿素窒素)クレアチニンのどちらかか、いずれも著しい高値がみられることにより診断されます。同時にカルシウムカリウム値の上昇を起こしていることもしばしばみられます。

急性腎不全の原因が尿路閉塞であればレントゲン検査超音波検査によって、尿管尿道閉塞している尿路結石が明らかになります。

 

>>>急性腎不全の治療は?

積極的な静脈内への輸液を実施して原因となっている脱水血液循環に生じているショック状態や低血圧などをできるだけ早く回復させて尿量の回復を目指します。
尿路閉塞をはじめとして、急性腎不全の原因となっているさまざまな傷病的な原因が取り去られ、腎臓の機能停止が一時的なものであったり、尿をつくる基となる糸球体構造が破壊から免れて充分に保たれていれば、その後の回復が期待できます。
しかしながら、腎不全に至る原因を除去できなかったり、積極的な輸液を行っても尿量回復が見られない場合や腎不全による尿毒症から回復できないケースでは死亡率も高まります。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

 

ツメダニ症(ウサギ)

>>>ウサギのツメダニ症について

ウサギツメダニ(Cheyletiella parasitovorax)の寄生によって生じます。このダニはウサギの表皮角質層寄生します。ウサギ同士の接触によって感染をしていきます。ウサギツメダニはウサギだけではなく、感染動物と接触する可能性のある人間にも感染して皮膚発赤掻痒(そうよう:痒み)を起こすことがあるため、人獣共通感染症として注意が必要です。

 

>>>ウサギのツメダニ症の症状は?

ウサギツメダニは健康なウサギではグルーミングによりある程度除去されるために症状がないか、軽いフケ程度のことが多くみられます。しかし、加齢による不活発化や肥満よるグルーミング不可範囲の拡大、歯科疾患による口の動きの制限などをはじめとする、何らかの理由でグルーミングの頻度が落ちた場合に発症しやすくなってきます。

ウサギツメダニ寄生がよくみられ、皮膚症状が多いのが肩甲骨に挟まれた頸背部です。余談ですがこの頸背部はもともとグルーミングの難しいエリアですから、ノミダニスポット剤の滴下部位として最適な場所でもあります。

症状が出ている場合には落屑(フケ)に加えて脱毛皮膚発赤痂疲(カサブタ)を伴うさまざまな程度の掻痒(痒み)です。

 

>>>ウサギのツメダニ症の診断は?

ツメダニ症のウサギには落屑(フケ)が特徴的にみられます。このフケを採取して顕微鏡で観察して、ツメダニが見つかれば診断となります。下はウサギツメダニ症頸背部の特徴的な皮膚病変の写真です。

DSC_1526.JPG DSC_1525.JPG

 

>>>ウサギのツメダニ症の治療は?

ツメダニ駆虫にはセラメクチン滴下剤イベルメクチン経口投与皮下注射などを用いて複数回にわたる治療をいたします。補助的に病変部位を中心にシャンプーによる薬浴を行って痂疲(カサブタ)の除去などを行うことも症状の軽減のために効果的かもしれません。痒みが非常に強い場合には副腎皮質ステロイド剤を短期間使用する場合もあります。

同居のウサギがいればツメダニ症の治療中には接触を避けて生活します。セラメクチン滴下剤は投与も簡単ですから、同居のウサギにも感染の疑いがある場合には予防的ダニ駆虫を実施したほうが良いでしょう。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

ぶどう膜炎(ウサギ)

>>>ウサギのブドウ膜炎とは?

ぶどう膜炎というのはあまりなじみのない用語ではないでしょうか。ぶどう膜眼球を内貼りする構造ではありますが、実際にぶどう膜という「膜」があるわけではなく、眼の中にある水晶体周辺にある虹彩」,「毛様体」,「脈絡膜」という3つの部位で構成されるエリアをそのように呼称します。

下の写真は左が眼球を真横から見たもの、右がそれを拡大して斜め内側から瞳孔(瞳の部分)を見たイメージです。三つの星印がそれぞれ虹彩(黄色星印)、毛様体(青星印)、脈絡膜(緑星印)の位置関係を示しています。中心にある透明な円盤状構造が水晶体レンズ)です。

「ぶどう膜」を構成する3つの組織は眼の中への血液栄養の供給やさまざまな目の機能を担っています。
虹彩はカメラの「絞り」としての機能を持ち、光の強さによって瞳孔(瞳の大きさ)を調節する働きを持ちます
毛様体水晶体を囲むようなリング状の組織で、栄養供給と代謝を行う眼房水とその圧力眼圧)をつくりだして目の大きさと機能を保つ働きがあります。
脈絡膜は眼の奥に広く広がる薄い膜状の組織で、隣り合う網膜などに栄養供給代謝を行う働きをしています。

DSC_9141.JPG DSC_9143.JPG

ぶどう膜炎とは上記のエリアに起こる炎症のことを指しますが、「ぶどう膜炎」は人間の眼科では「内眼炎」ともいわれ、いわゆる目の中に炎症を起こす病気の総称となっています。
ぶどう膜炎はその発生部位により、黄色と青星印の部分に起こる前部ぶどう膜炎(虹彩毛様体炎)と緑星印の部部に起こる後部ぶどう膜炎(脈絡膜炎)、それらが一緒になった汎ぶどう膜炎に分類されます。
ぶどう膜炎の原因は感染外傷免疫性腫瘍、他の眼の病気からの波及などと多岐に渡り、治り難い目の病気のひとつです。

ウサギのぶどう膜炎の原因として特徴的なものは細菌寄生虫による感染によって生じるぶどう膜炎です。ウサギでの常在菌スナッフルをはじめとする、さまざまな感染症の原因となりやすいパスツレラ(Pasteurella multocida)や幼若なウサギが母親から感染する寄生虫エンセファリトゾーン(Encephalitozoon cuniculi)は原因として特に注意すべき病原体です。
その他の原因には何らかの外傷異物による穿孔(穴が開くこと)、慢性眼疾患によって引き起こされるものや腫瘍などが考えられます。

ー>エンセファリトゾーン症について

 

>>>ブドウ膜炎の症状とは?

感染性のものでは虹彩の脹れや「白色の結節」がよく見られます。急性期にはぶどう膜炎に伴う結膜充血縮瞳(瞳孔が小さくなって固定化すること)、房水フレア(元々透明な前眼房が濁ること)、眼圧低下、経過が長くなり慢性化した場合には二次性白内障や虹彩角膜癒着、逆に眼圧の上昇を起こして緑内障などの危険を生じます。

 

>>>ブドウ膜炎の診断は?

結膜充血や光を通過する部位の中間透光体眼房水、角膜、水晶体、硝子体)の評価、虹彩の脹れや構造変化をスリットランプ(下写真)などによる眼検査により詳細に観察します。可能であれば眼圧を測定して診断します。
注意すべきパスツレラ感染では併発症の有無、エンセファリトゾーンによる感染症の判断には発症年齢を考慮して診断を行います。血清学的に血液中の抗体価を測定することが診断を補助することができるかもしれません。

スリットランプ.jpg

 

>>>ブドウ膜炎の治療は?

ぶどう膜炎治療の重要な目的は眼内に生じた炎症を速やかに消失させ、この内眼炎による変化を最小限にすることです。この理由は炎症によって眼内が構造的、機能的に破壊されてしまうと、それに続いて緑内障網膜剥離虹彩癒着二次性白内障など後戻りできない変化が連鎖して引き起こされてしまうためです。

ぶどう膜炎を抑えるためには全身投与、点眼薬プレドニゾロン等の副腎皮質ステロイド製剤を必要に応じて使い分けますが、ステロイド投与が難しい場合にはそれを代替してメロキシカムなどの非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)全身的投与することもあります。ジクロフェナクナトリウム等の非ステロイド系抗炎症薬点眼薬として使用されます。

ぶどう膜炎に対する治療と同時に、ウサギでは頻度の高いパスツレラ等の細菌感染が疑われるようであれば広い抗菌スペクトラム(幅広い菌腫に対して効果を持つこと)の抗生物質を選択し、重症度に応じて全身投与点眼を組み合わせて治療します。
また、エンセファリトゾーンによるぶどう膜炎が疑われる場合にはフェンベンダゾールなどのベンゾイミダゾール系抗原虫薬を使用します。

ぶどう膜炎合併症には虹彩癒着緑内障などの治療の難しい眼疾患が起こりやすく、その維持・管理は難しいものですが、早期に診断・治療することによってこういった合併症を回避して眼の健康を保ち続けることがぶどう膜炎の治療の目標となります。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

 

涙嚢炎(るいのうえん)

>>>ウサギの涙嚢炎とは?

涙嚢とは内眼角(眼頭)の上下に開口する涙点~涙小管に通ずる涙道の一部です。涙点から涙小管を通り、涙嚢に達します。涙嚢は目から流入してくるを貯めて下流の鼻涙管に押し流すポンプの役割をしています。

涙嚢炎は上流の涙小管や下流の鼻腔に通じる鼻涙管から侵入する細菌感染の波及によって生じる炎症によって引き起こされることが多いといわれています。鼻涙管炎症細菌感染上顎臼歯歯根部鼻涙管への干渉や歯根膿瘍による圧迫炎症の波及などによる鼻涙管狭窄閉塞から生じる他、呼吸器感染症鼻腔からの波及も考えられます。

涙嚢炎の起炎菌にはパスツレラ(Pasteurella multocida)黄色ブドウ球菌などの感染が考えられていますが、これらはウサギの鼻涙管での正常細菌でもあるため原因となっている細菌の特定は難しいと考えられます。

 

>>>ウサギの涙嚢炎の症状とは?

白色調~半透明の粘液性~粘液膿性眼脂(目やに)が目の周囲に付着します。下眼瞼付近を圧迫すると白色調の漿液~粘液膿性の液体が涙点から排泄されます。炎症性ないし、この粘液性眼脂によって上流の涙小管や下流の鼻涙管が閉塞するた涙が涙点から鼻腔に通じることなく溢れてしまう流涙症を伴うこともしばしばです。

涙嚢炎には涙液排泄のための環境が悪化するため、涙嚢炎と相互に波及し合う結膜炎角膜炎を併発している場合が多くみられます。

 

>>>ウサギの涙嚢炎の診断は?

流涙症などを伴い、抗生物質内服点眼薬による治療であまりよくならない持続的な目やにがみられる場合には涙嚢炎の疑いがあります。(下写真黄、色丸の中)
特徴的な粘液膿性の「目やに」や下眼瞼付近の炎症皮下腫れを伴い、圧迫によって白色調の粘液膿性の液体の排泄があるとか、試験的に鼻涙管洗浄を行って涙嚢に溜まった膿性物質が排泄されれば涙嚢炎と診断することができます。

DSC_8797.JPG

 

>>>ウサギの涙嚢炎の治療は?

抗生物質の選択を行うために、可能であれば膿性物質から細菌培養を行い、起炎菌を特定して抗生物質薬剤感受性試験を行います。

定期的な鼻涙管洗浄を繰り返し行い、感受性試験などから抗生物質の点眼と内服を組み合わせた治療を行いますが、治療には長期間かかったり、再発を繰り返すケースもしばしば見られます。

再発防止や予防には併発する結膜炎鼻涙管閉塞呼吸器疾患、歯科疾患などのコントロールや、眼を清潔に保ち涙液の排泄環境を清潔にするということが重要でしょう。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

 

結膜炎(ウサギ)

>>>ウサギの結膜炎について----------------------------------------------

眼科疾患の中では頻繁にみられる目の異常です。原因は細菌感染、被毛等の異物や微細なゴミや化学物質による刺激、何らかの自己損傷など原因はさまざまです。

また、結膜炎と併発して相互に問題を悪化させる角膜炎ブドウ膜炎緑内障などのほか、目の付属組織である涙嚢炎鼻涙管狭窄眼瞼(がんけん)及び睫毛(まつげ)の異常異物など、多岐にわたる異常疾病と複合した眼病となっていることも多く、注意が必要です。

結膜炎の原因となる細菌感染はさらに併発する上気道感染歯科疾患からの二次感染のことも多く、それらを考慮に入れた治療を行う必要があります。

> 涙嚢炎についてはこちら。。。

 

>>>結膜炎の症状は?----------------------------------------------

結膜充血腫れ眼脂(目やに)や流涙症羞明(しゅうめい、まぶしがるしぐさ)などの症状がみられます。眼脂流涙によって周囲の被毛皮膚が湿った環境となるため、皮膚炎が生じやすくなります。また、乾いた眼脂被毛と硬くくっついて周囲の皮膚に不快感を生じ、それを気にする行為から自己損傷をしばしば起こします。

 

>>>結膜炎の診断は?---------------------------------------------

結膜炎の原因となっているもの、また併発している眼疾患がないかどうかに注意を払います。結膜炎は単独よりむしろ他の眼の病気が併発しているケースも多く、さらにその他の器官からの波及によるものも多くみられます。

診断の際には結膜だけではなく、眼球やその付属組織をはじめ、結膜炎に波及する鼻腔など呼吸器の評価や歯根の過伸長を含む歯科疾患に至るまでの幅広い範囲の異常を検索する必要があります。

 

>>>結膜炎の治療は?----------------------------------------------

結膜炎に波及しているその他の疾患治療を行うとともに、結膜炎の原因が細菌感染の場合にはできるだけ細菌培養抗生物質感受性検査を行い、適切な抗生物質点眼などの局所使用と内服などの全身使用を結膜炎とその併発疾患重症度によって選択して治療します。

涙嚢炎鼻涙管狭窄などの涙の排泄路の異常がある場合には結膜炎治療に合わせて、鼻涙管洗浄涙嚢の洗浄を行って感染元の清浄化をする必要があります。定期的な目やにの除去などによる目周囲の清浄化も重要です。

結膜炎などの眼の異常を気にして、掻き毟るなどさらに悪化させてしまう自己損傷を予防するため、エリザベスカラーなどを効果的にを用いるとよいでしょう。

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

 

1 | 2 | 3

診療時間

診療時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場13台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する7台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋フェイスブック

あいむ動物病院 西船橋スタッフ