船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

AIM BlogあいむBlog

子宮蓄膿症の薬物療法

犬の「子宮蓄膿症の特効薬」ともいうべき薬のご紹介です。

----------------------------------------------

この薬は子宮蓄膿症の引き金を引く、黄体ホルモンの働きを抑える薬剤です。アグレプリストン(商品名Alizin「アリジン」、ビルバック)と呼ばれるものですが、近年、欧米で承認を受けて子宮蓄膿症の治療に使用されるようになってきています。今までは外科手術が唯一の選択肢であった子宮蓄膿症に対して、ようやく治療可能な内科療法を選択できるようになったといえる画期的な薬剤です。

ところが残念なことにAlizin「アリジン」現在、日本国内での承認が得られておりません。つまり、どの動物病院でも手軽に購入、利用できるものではありませんが、一部の動物病院では海外から独自に調達したものを利用可能な場合があります。(当院ではスイスから入荷しております)

DSC_7085.JPGsick_chuusya.png

この薬剤は単独でも充分な治療効果がみられますが、さらに子宮頚管を開いて子宮の収縮力を高めることによってを排泄させる作用のあるプロスタグランジン製剤を併用する方法があり、両者の組み合わせにより、アリジンの単独使用より高い治療効果を期待できます。

当院ではこの、アリジンプロスタグランジン製剤の組み合わせを用いた子宮蓄膿症の内科療法を実施しています。子宮蓄膿症と診断され、外科手術が選択できない何らかの原因で治療にお困りの方へ、その解決の一助となる可能性がありますのでぜひご相談いただければと思います。

2014.04.20

受付時間

受付時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場14台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する8台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ